免疫療法の医療費控除について

免疫療法は医療費控除の対象になる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
免疫療法は保険が効かず、自己負担になるため、治療費が高くついてしまいます。しかし、免疫療法は医療費控除の対象になります。免疫療法による経済的な負担をできるだけ軽くするために、医療費控除の制度を活用したいですね。

医療費控除とは?


医療費控除とは、毎年の納税金額から医療費のいくらかを差し引くことができる、という制度です。この制度を活用するためには確定申告が必要です。確定申告は毎年2/16〜3/15の間にすることになっているので、サラリーマンの場合でも、お住まいの地域の税務署で確定申告の手続きを忘れずに行いましょう。ちなみに、年末調整では医療費控除を受けることはできません。

スポンサーリンク


いくら控除されるのか?


医療費控除の金額についてお話しますね。まず、対象になるのは納税者本人、または生計を共にしている配偶者や家族の、その年の1月1日〜12月31日までの間に支払った医療費です。医療費控除の対象等なる金額は、実際に支払いをした医療費の合計額から、保険金によって補てんされた金額を引いたもの、そこから更に10万(年収が200万円未満の場合は総所得金額の5%)を引いた金額です。

■例:1月1日〜12月31日までの免疫療法の医療費の合計額が200万円で、加入している生命保険(医療保険)から20万円が支払われた場合
  • 200万円−20万円−10万円=170万円(控除額)
例えば、年収が600万円の方の場合は、所得税の税率が20%になりますので、170万円を控除できるということは34万円(170万円の20%)も納税額を減らすことができるのです(サラリーマンの方は確定申告をすれば、34万円が払い戻されます)。

確定申告で必要な書類


医療費控除を受けるためには、確定申告の際に医療費をいくら支払ったのか証明できる書類が必要になります。病院に行ったら、毎回領収書を保管しておきましょう。もしも領収書を紛失してしまった場合には、かかりつけのクリニックで1年分の領収書を再発行してもらえる場合もあるので相談してみましょう。領収書の再発行がムリでも、病院によっては「領収額証明書」を発行してもらえることがあります。有料の場合もあるので問い合わせてみましょう。

サラリーマンの方は源泉徴収票の原本が必要になります。年末が来る前に仕事を辞めた場合、返信用封筒を同封して「源泉徴収票」が欲しい旨を記せば郵送で受け取ることができます。こうした手続きは何かと面倒ですが、支払う税金が少なくなれば家計も助かりますね。活用できる制度は目いっぱい活用していきましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加