免疫療法の乳がんへの効果について

免疫療法は乳がんにも効果が見込める?

このエントリーをはてなブックマークに追加

免疫療法は、乳がんを患う患者さんにも実施されています。免疫療法によりがんが消滅した事例があるだけでなく、再発を防ぐ効果も期待できます。

乳癌の種類と免疫療法


乳がんとは乳腺にできるがんのことです。乳がんの9割は、そのほとんどが乳管にできます。その他、小葉やその周りの組織にできることもあります。乳がんの一般的な治療法としては、手術での病巣の除去、放射線治療、薬物療法となっています。その他、患者さんの状態によってはホルモン療法や分子標的薬、化学療法(抗がん剤)を用いることもあります。

頻繁に用いられる免疫療法は?


乳がんの患者さんに行われることが多い免疫療法の種類としては、ANK免疫細胞療法、ANK免疫細胞療法やNK細胞療法、樹状細胞ワクチン療法などがあります。

こうした免疫療法を、ホルモン療法や分子標的薬による治療などと組み合わせて行われることもあります。効果の度合いは様々ですが、免疫療法により、乳がんを消滅させたり再発を抑えたりする効果が期待できます。

若い人の間でも増えている乳がん


乳がんは、女性がかかりやすい病気です。女性のがんの中ではトップに挙げられており、また、再発することが多いがんだと言われており、その再発率は3割と高めです。

しかし、死亡に至るケースは少なく、転移する前に見つければ大きな問題にはなりません。というのも、乳がんは臓器にできるがんとは違い、体の表側、皮膚側にできるようなイメージだからです。そのため、治療法も多くあり、最悪は乳房切除となってしまいますが、それでも命には影響することが少ないがんであると言えます。

乳がんはお風呂などで自分でチェックし、見つけやすいと言われています。まさに、乳がん患者さんの7割は自分で見つけて病院を受診しています。乳がんは、早めに見つけることで治療が簡単になり、体へのダメージも少なくなるため、頻繁に自己チェックしたいものです。また、30歳になったら一度マンモグラフィーを受けるなど、注意しておきましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加